必要な準備をチェック

手術室

カウンセリングの準備は必須

目と目との距離が離れていて顔全体のバランスが崩れている、より目を大きく見せたいという場合は、「目頭切開」という美容整形が有効です。銀座の美容外科クリニックでも行われている美容整形の1つで、目元のコンプレックスを解消できるとして多くの患者さんが施術を受けています。切開する範囲も数ミリと小さく、施術時間もわずか約30分程度というメスを使う美容整形としては、手軽なのも目頭切開を銀座の美容外科クリニックで受ける人が多い理由となっています。ただし、手軽な美容整形だからといって何の下準備もせずに施術を受けるというのは、失敗のリスクが高まるのでおすすめできません。やはり切開手術となるためで様々なリスクを避けるためにも、きるだけ下準備を行って万全の体制で施術を受けるのが理想と言えます。目頭切開は切開する範囲は小さいものの、そのほんの数ミリで目元の印象が大きく変わってしまう美容整形です。ですので、カウンセリング時に自分がどのような目元になりたいのか、理想をしっかりと医師に伝える必要があります。今まで美容外科クリニックでカウンセリングの経験が無いという人の場合、緊張して上手く医師に伝えることができないかもしれません。ですので、前もってどのような目元になりたいのかメモをしておいて、カウンセリングの時にしっかり医師に伝えられるよう準備をしておきましょう。銀座にある美容外科クリニックの中には画像シミュレーションを使い、視覚的に美容整形を受けた後の変化をカウンセリングでチェックできる所もあります。もし、言葉で上手く伝えるのが苦手と感じているのであれば、このようなシステムを導入しているクリニックを探してみると良いでしょう。

目頭切開は術式名の通り、目頭側をメスで切開して縫合するという手術を行う美容整形ですので、術後には腫れや内出血といった症状が起こります。ただ、このような症状が出たとしても施術部位を目立たなくする対処を取れば、人目も気にすることはないでしょう。例えば、メガネをかけるというのも術後の傷跡をごまかす方法の1つで、できるだけフレームが太いメガネを選ぶことで、より、施術部位は目立たなくなります。また、抜糸を行い医師の許可が出ればメイクで内出血や傷跡を目立なくするということも可能です。施術部位をしっかり保湿した後、カバー力の高いクリーム状のファンデーションを重ね塗りし、さらにルースパウダーを重ねれば、自然にメイクで施術部位をカバーできます。このような対処で術後の腫れや内出血を目立たせないようにすることもできますが、さらにクリニックのアフターケアによってより症状を抑えることも可能です。銀座エリアにある美容外科クリニックの中には、目頭切開の術後に止血マシンを用いて、アフターケアを行う所もあります。目頭切開は目頭の皮膚を切開する施術を行うため、どうしても血が出てしまうのですが出血が続いてしまうと、腫れや内出血が長引く原因となるようです。できるだけ腫れや内出血の症状が酷くならないよう、医療用の止血マシンを使い一か所ずつ止血することで、術後のダウンタイム期間が変わります。できるだけダウンタイム期間を短くしたいと考えている人は、銀座にもある止血マシンでのアフターケアを行う美容外科クリニックを選択してみてはいかがでしょう。

Copyright© 2019 人気のあるところなら安心して施術をまかせられる All Rights Reserved.